CUTRATE カットレイトワークミリタリー コットンコーチジャケット OLIVEHYW2D9EI

CUTRATE カットレイトワークミリタリー コットンコーチジャケット OLIVEHYW2D9EI

CUTRATE カットレイトワークミリタリー コットンコーチジャケット OLIVEHYW2D9EI


良品あす楽対応プラダ PRADA ショルダーバッグ トートバッグ メンズ可 ロゴプレート付き ブラック×シルバー ナイロンキャンバスX5678X8n0NOPkZw CHANEL カメリア サングラス 4084Sc3ARLj54q 衝突被害軽減ブレーキとは

衝突被害軽減ブレーキとは、自動車が障害物を感知して、衝突の可能性がある場合、運転者へ警告音を発したり、衝突の可能性が高い場合、ブレーキの補助操作を行い、減速して衝突被害を軽減するシステムです。

適切に作動しないケース

ドライバーを危険から守ってくれる衝突被害軽減ブレーキですが、状況によっては適切に作動しないケースもあります。
例えば人や自転車の急な飛び出し、自動車の急な割り込み、雨・雪・霧などの悪天候、道路状況の悪化、前方の車両の形状が感知しにくい場合など、システムが作動しなかったり、作動が遅れ被害の軽減ができない場合があります。

衝突の可能性がない場合に作動するケース

また衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合があります。
カーブの途中に標識やガードレール等がある時、カーブで対向車とすれ違う時、道路上に金属物や突起物がある場合等に作動することがあります。
衝突被害軽減ブレーキはあくまで事故被害の軽減を目的としています。
システムを過信せず安全運転を心がけましょう。

センサーの種類

現在衝突被害軽減ブレーキのセンサーは大きく分けて3つに分類できます

  • カメラ方式
    カメラを用いるシステムは、歩行者や車線、道路標識までも識別できますが、逆光や悪天候になる場合、性能が十分に発揮できない可能性があります。
  • 赤外線レーザー方式
    赤外線レーザーを利用する方式です。
    低コストで広く普及しています。ただし、探知距離が数メートルから数十メートル程度で、太陽の直射光線に影響される可能性があります。
  • ミリ波レーダー方式
    ミリ波帯の電波を用いるレーダーシステムです。
    探知距離が長く、天候の影響を受けにくいですが、歩行者や自転車の検知には不向きです。

また、上記を組み合わせた方式もあります。

それぞれメリット・デメリットがあるため、各方式の特性を知りましょう。
あなたのクルマはどのタイプですか?

衝突被害軽減ブレーキはドライバーの安全運転が前提になります。システムを過信せず、常に安全運転を心がけましょう。

CUTRATE カットレイトワークミリタリー コットンコーチジャケット OLIVEHYW2D9EI エトロ パンツ ボトムス テーラードパンツ メンズ Etro tailored trousers GreenAR5j34L
CUTRATE カットレイトワークミリタリー コットンコーチジャケット OLIVEHYW2D9EI

CUTRATE カットレイトワークミリタリー コットンコーチジャケット OLIVEHYW2D9EI

CUTRATE カットレイトワークミリタリー コットンコーチジャケット OLIVEHYW2D9EI CUTRATE カットレイトワークミリタリー コットンコーチジャケット OLIVEHYW2D9EI

このサイトにある画像・文章等は無断転載禁止です。©